shirts

November 27, 2018

もちろん前明きのshirtsも好きですが、プルオーバータイプのshirtsにはそれ以上の特別を感じています。

 

ぼくがプルオーバーに感じるその特別は、「主役感」というところでしょうか。

 

前明きもプルオーバーも同じshirtsなのだけれど、

 

後者の存在はどこか違うような気がして付き合ってきました。その1枚に力強さがある。

 

ぼくはその力強さが優しい仕上がりになれるよう考えます。

 

生地のこと、季節のこと、ちょっと気の利いたデザインや機能(動きやすさ)のこと。

 

プルオーバーは誰もが好むような仕様でもないし(もちろんこのデザインに関しても)、

 

一般的にいうスタンダードと呼ばれるようなカタチでもありません。(このデザインが)

 

人それぞれに持つスタンダードがあって、それは隣にいる人と遠かったり近かったりしていいと思います。

 

(その違いがおもしろい)

 

多くのものがある中で、たまたま好みがあえば、それはきっと奇跡のようなものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ATELER SMOCK

C/# : charcoal top

C/# : beige top

 

◯ cotton 100%

◯ size : free

◯ ¥ 19,000- +tax

 

 

 

 

Please reload

Recent Posts

November 13, 2019

September 15, 2019

August 22, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Follow Us
Search By Tags
Please reload