Madness / Our House



Madness / Our House



stay home  お家時間


コロナウィルス感染拡大防止によって謳われるようになり、皆様それぞれの生活スタイルに変化が起きました。


例にもれず我々も...と言うところですが、普段から籠もって作業しているため、実は生活スタイルに大きな変化はないのです。


テレビはほぼ見ません。

(週1再放送でSLAM DUNKをやっていまして、恥かしながらそれだけを熱心に見ています。今ミッチー軍団大暴れ中)


ラジオ、音楽、YouTube 。


ラジオでも「自宅からお届けしてます」や「この放送、自宅で収録しています。時々ウチのキッズの声がきこえるかも」なんて面白いリモート放送をたくさんききました。



そして、社会(政治)のことに目を向けてみる(向けざるを得ない)きっかけにもなったのではないでしょうか。


まずは無関心ではいられないことに気づくこと。社会(政治)が敷いたレールの上に私たちの生活はあります。



Our House



私の家、私の家族、私の友人、私の職場、職場の人 etc ... そして、ここ日本という国がOur House 。


私たちの生活の礎はこの日本あってのことですから。


ずーってマスクをしているような、息苦しさを感じながら暮らす国にはしたくないですよね。


 © 2014

 

 6 月14日 BLOG 更新しました。