sun hat / work trouser


夏を目の前にすると、あの暑さを想像し戦々恐々...まずは想像夏バテから。

その一方では、夏の眩しい緑、海、山、川を想像し、どこか違う場所へと思いを馳せます。

同時に子どもの頃の記憶がよみがえり、心が躍りますね。

夏のスタイルを考える時にいつも頭に横切ることがあって、

暑いなか駅のホームで電車を待つひと。

そこにいる人は、だらしなさはなく、かといってかしこまり過ぎることもない。

風が気持ちよく通り抜けてくれるような生地でつくられた服。

電車がホームに入ってきた時の風が裾を揺らしている。

そんな風景を想像します。

いままではなかなか手をつけることが出来なかった盛夏もの。

はじめて帽子とパンツをつくりました。sun hatとwork trouser。

どちらも展示会などの流れにまったく関係なく、時間をつくれたからこそ出来たということが一つ。

そして何より、私たちが夏を過ごす為に必要と感じたからつくりました。

麻でつくったもの。色はblack。夏を快適に過ごす為の一助になれればいいなと思います。

夏が待ち遠しくなる為のものとしての一枚。是非ご検討くださいませ。

(もし気になる方がいらっしゃればお問い合わせを頂けますと幸いです。詳細ご案内いたします。)

#product #日々

 © 2014

 

 6 月14日 BLOG 更新しました。