手から手へ hand to hand ②


「これなんですけどね、多分合うんちゃうかなあー

そんな一言からはじまった生地屋さんとの打ち合わせ。生地屋さん、大阪の方なんです。

僕が漠然とイメージしていた生地は、シャツのようであって、アウターのようでもあって、パンツのようでもあって、

uniform になれる丈夫さがあって、柔らかい生地で動きやすいことも大事。

まあこんなにも欲も張り張りなモノを考えていました。

身の回りにある服 (生地) は、適材適所で作られていますので、

shirtsらしさ、パンツらしさを十分に発揮してくれる良い素材です。

しかし、そんな良い生地があってもshirts は大丈夫だけど、アウター的には無理だなあ...その逆も然り。

すごく高密度で丈夫なのだけど、バリッバリで柔らかさがちょっとないなあ...その逆も然り。

目的に合う素材にフォーカスを合わせた時の行ったり来たりの連続は、はっきり言ってイヤなものでした。

決めきれない自分に途中嫌気もさしました。

しかし、諦めずに考え続けていると、時に仮諦めをして他のことをやっていると、そんな時に紹介して頂いたんです。

それが冒頭の「これなんですけどね、多分合うんちゃうかなあー

ーこれなんですけどね、多分合うんちゃうかなー独特でしょ

 結構 打ち込んでるんですけど 堅さがないでしょ。糸から工場のオリジナルなんです。

 教えてはくれないんですけど、撚糸から違うそうなんですよ。

 それと、力織機やからね、撚糸と力織機で織った良さが合わさってふくらみが違うんですよね。

この生地を紹介していただいて、触った時は本当に驚きました。

触った瞬間「ウワアー」となりました(笑) 極端だと思われるかもしれませんが本当に感動しました。

考えていた通りでした。

なんでも出来るんじゃないかなあと、気持ちが大きくなってしまうくらい嬉しかったですね。

その日は嬉しくて2 駅分歩いて帰りました(笑) 本当にそれくらい嬉しかった。

今考えると、嬉しかった。感動した。ももちろんなんですが、安心したということが正直な気持ちかもしれません。

やっとスタートラインに立つ事が出来たんですから。

(続きはまた後日に)

#日々 #product

 © 2014

 

 6 月14日 BLOG 更新しました。