west point (wide)


苦手だったチノパン。

1. それを克服したかった。

2. レディースもメンズもほぼ関係なく履けるパンツが欲しかった。

チノパンの【チノchino 】語源は、生地がもともと中国でつくられたからとか...

中国に輸出されたものをアメリカが買い取ったからとか...言われがあるようです。

厚手の綾織りのコットン。

特にベージュが苦手でした。三男ゆえ兄貴からのおさがりばかりを履いていた幼少期...正確に言うと履かされていた(笑)

そんなパンツですから色は抜けているし、なんだかこうはっきりしないんですね。

それがトラウマとなっているかどうかは不明ですが、服に興味を持ち出した年頃から大人になるまで、

ベージュ系のいわゆる【チノパン】にはまったく目もくれない日々が続いていました。

しかし、自分でモノづくりをするというスタート地点に立ったとき、ごく自然に「つくってみたい」

という思いに至った事がこのパンツをつくるきっかけになりました。

素材には、コールドマーセという表面に適度な光沢感の出る加工を施した生地をつかっています。

カジュアル過ぎる事のないこの生地がとても気に入っています。

もともと好きなwideなシルエット。

shirtsとの相性も良し。これポイントですねー。

ウェストのアジャスターはちゃんと機能してくれるようにサイズ設定しています。

梅川は小柄なためつ釦をしめてウェストを小さくして履いています。

もちろん、そのままでベルトをギュギュっとしめて履くのもカッコいいですよね。

そこに際立ったデザインがある...というパンツではありませんが、

履いたヒト、そして周りのアイテムをもっと良くしてくれるような心強い存在感。

私たちの【カタチ】には欠かせないパンツです。履いた方にもきっとそう感じて頂けるのではないでしょうか。

現在、生産中。12月末〜20171月頃に商品アップ予定です。

#store #product

 © 2014

 

 6 月14日 BLOG 更新しました。